日記

編集長の日記#7―夏コミ御礼と『マゴニアへのパスポート』通信販売再開、SFファン交流会、ASIOS『UFO事件クロニクル』

投稿日:

■夏コミ御礼

Spさて、そういうわけで我々Spファイル友の会は失われた宇宙的秘儀をとりもどすため、というか『UFO手帖 創刊号』と花田氏からあずかった『マゴニアへのパスポート』を頒布するため、先日行われた夏期コミックマーケット92に参加してまいりました。当日ブースにお立ち寄りくださったみなさま、ありがとうございました。

今回は明るく笑顔での接客につとめ、本を手にとっていただいた円盤フレンズの方々と楽しく円盤談義に花を咲かせようと心がけ、ある程度実践できたと思っています。いかがでしたでしょう?――中にははるばる金星からやってきたという人もあらわれ、お互い太陽系連合の一員として地球の平和のために頑張ろう、羽黒ら白鳥座のやつらには負けないぞと励まし合いました。

■『マゴニアへのパスポート』通信販売再開

さてコミケ当日、二冊ともに好調にさばけていたのですが、コミケで頒布する本としては若干高価な本であるにも関わらず20冊用意された『マゴニアへのパスポート』は昼過ぎ頃には売り切れてしまいました。その後も、この本目当てにやってきて、売り切れとわかってガッカリ肩を落として泣きながら帰っていった人が数人いらっしゃいました(大袈裟に言ってます)。そんな泣き虫フレンズに朗報です。通販再開しておりますので是非お申込みください。これを読まずシてUFOニューウェーブを語るなんて以ての外です。そういう人は早く宇宙に帰ってください。

magopasu

私家版『マゴニアへのパスポート』通販再開のお知らせ
http://macht.blog.jp/archives/1067136600.html

■SFファン交流会

さて8月19日の土曜日に笹塚区民会館で行われた<SFファン交流会>に、わたくしUFO手帖編集長である秋月も、UFO現象学者/SF評論家である礒部剛喜さん、ナカネくんと共に登壇してきました。UFO史とSF作品を絡めて解説した礒部さんの発表がすばらしかったです。あと二次会は楽しかったです。以上。

DHk33DDUQAABGpx

■ASIOS/UFO事件クロニクル

さて、これはSpファイル友の会案件ではありませんが、私も末席をコールタールのように黒くべったり汚しているASIOSの新刊『UFO事件クロニクル』がもうすぐ発売されます。UFO誕生から70周年ということもあり、総括的な内容になっています。詳しくは下のブログをご参照ください。

cover

ASIOSの新刊『UFO事件クロニクル』が出ます
http://www.asios.org/ufo_chronicle

私はこの本でモーリー島事件で重要なのはダールよりクリスマンだろ!と叫び、プロジェクト・ブルーブック/ロバートソン査問会で「米政府はUFO情報を隠蔽してる」って話ができたの誰のせいだよ!と叫び、トラビス・ウォルトン事件って7人もの体験者がいるのにだれもゲロしてないねー!と叫んでいます。

また、「7人のオルタナティブ・コンタクティー」というコラムを書いておりまして、こちらは先日見事クラッシュして得体の知れないスラグと化した<SFファン交流会>でわたしが発表した(しようとした)話の元なので、先日失望したというか、こいつは何の話をしているのかまったくわからなかったという方は、是非こちらの本をご購入いただき読んでいただければ、あれです、一石二鳥だと思います。

ご予約はコチラになります。
http://amzn.to/2wtn4QD

-日記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ws000023

編集長の日記#2―『UFO手帖』はかく語りき(1)表紙

今年もおしせまってまいりまくり、残すところあと3日です。毎日のようにくだらなくてつまらないオカルト特番がテレビを賑わしていますが、いかがお過ごしでしょう。僕はこういう番組を見ないことにしようと決めたの …

WS000004

編集長の日記#6―資料性博覧会で『UFO手帖 創刊号』を頒布します。と虚構と大事。

最近はもっぱら、ビットコインだ、イーサリアムだ、ブロックチェーンだと、意識高い系のことばかりツイートしている私ですが、UFOのことを忘れたわけではありません。実際は逆にUFOの事を書かなければならない …

1_small

編集長の日記#4―Harold Dahl’s dog’s body was buried at sea.(ハロルド・ダールの犬は海に埋葬されました)

UFO手帖ではないのだが、一般書籍用の原稿としていくつかのUFO事件について調べている。そんなことをしていると他人にはど~~~でもいいだろうことが気になりだしてきて、本来調べることよりむしろ興味が湧い …

Buck Nelson Flying Saucer Convention 06-28-1966

編集長の日記#5―Buck Nelson said no one could see him as Bo was to shy.(バック・ネルソンは、ボーが恥ずかしがり屋なので、誰も彼を見ることができないと言った)

またしても犬である。今回は1950年代から60年代に活躍したバック・ネルソンというコンタクティーにまつわる犬の話である。このブログのタイトルにした「Buck Nelson said no one co …

ws000023

編集長の日記#1―BASEによる通信販売と「Spファイル友の会」のこと

Spファイル友の会のUFOエッセイ誌『UFO手帖』創刊号の通信販売を開始いたしました。とても頑張ってつくったので(小並感)、手に取って読んでいただけると嬉しいです。既に文フリや通販で手にとって頂いた方 …